2ちゃんねるまとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



関連記事

    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

    唯(あずにゃんの足…)クンカクンカ 梓「ニャ!?」

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 17:48:42.12 ID:0x9dF8Lp0.net

    梓「何するんですか!唯先輩!」

    唯「はぁ~ん…あずにゃんいい匂い…」

    梓「何言ってるんですか…いきなり…びっくりしましたよ…!」

    唯「んでもあずにゃんの足クサイよ~」

    梓「そんな…唯先輩の靴下だってクサイんじゃないですか!」

    唯「そんなこと無いよ~ほれ。」

    梓「そんな足を差し出されても……」


    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 17:49:21.01 ID:/mU0Ht4jp.net

    クンカクンカ梓


    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 17:49:22.63 ID:JWDz/xf0r.net

    彩奈の足なめたい


    引用元: 唯(あずにゃんの足…)クンカクンカ 梓「ニャ!?」




    4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 17:50:01.81 ID:0x9dF8Lp0.net

    梓「………!」クンカクンカ

    梓(なんだろうこの感じ…唯先輩の靴下汚くて臭いのに…なんか落ち着くというか…クセになるというか…)

    唯「あずにゃんのがやっぱりクサイよ~」
    梓(は…!何考えてるんだろ私)

    梓「ほら、くだらない事やってないで練習しますよ!」

    唯「まだみんな来てないんだしもうちょっとあずにゃんとイチャイチャしたいよぉ~」

    梓「な!…///みなさんが揃う前にちゃんと練習しておかないと…!」

    唯「もう~あずにゃん照れ屋さんなんだから~」

    梓「てっ、照れてないです!!」


    6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 17:50:43.97 ID:0x9dF8Lp0.net

    ………次の日

    ガチャ

    梓「失礼しま…なんだ、まだ誰も来てないや…」

    梓「ん?なんか靴下が干してある…誰のだろう…」

    梓「……」

    梓「……」キョロキョロ

    梓(誰もいないし…嗅いじゃおうかな…)

    梓「……」

    ガチャ

    梓「!!」

    唯「あ~ずにゃん!!」

    梓「ゆ、唯先輩!!」


    8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 17:52:30.16 ID:0x9dF8Lp0.net

    唯「どうしたのそんなに慌てて?」

    梓「い、いえなんでもないです!」

    梓(危なくバレる所だった…)

    唯「ああ、干してた靴下まだあんまり乾いてないや…」

    梓「これ唯先輩のだったんですか?」

    唯「うん、そうだよ~来る時にいっぱい濡れちゃったから…」

    梓「それは大変でしたね…」

    唯「でも、この通りギー太は水滴一つとも付いておりません!」ビシッ!

    梓「まぁ…それだけテーピングしてあれば…」

    唯「ところであずにゃん…」

    梓「は、はい…」

    唯「さっき私の靴下の匂い嗅いでなかった?」ニコニコ

    梓「」


    9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 17:52:47.06 ID:xQ7G2QqHa.net

    けいおんとか久々だな
    BD効果か


    10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 17:52:48.19 ID:POCCT4Lb0.net

    バンバンバンバンバンバンバン
    バン     バンバンバン
    バン (∩`・ω・) バンバン
     _/_ミつ/ ̄ ̄ ̄/
       \/___/ ̄ ̄


      バン   はよ
    バン (∩`・ω・) バン はよ
      / ミつ/ ̄ ̄ ̄/
      ̄ ̄\/___/

        ; '  ;
         \,( ⌒;;)
         (;;(:;⌒)/
        (;.(⌒ ,;))'
     (´・ω((:,( ,;;),
     ( ⊃ ⊃/ ̄ ̄ ̄/
      ̄ ̄\/___/ ̄ ̄

    ポチポチポチポチポチポチポチ
    ポチ     ポチポチポチ
    ポチ (∩`・ω・) ポチポチ
     _/_ミつ/ ̄/
        /_/ ̄ ̄ ̄ ̄


    11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 17:53:48.68 ID:0x9dF8Lp0.net

    梓(やっぱり見られてた…どうしよ…)

    唯「どうして嗅いでたのかな~?あずにゃん」

    梓「え…とそれは…」

    唯「私の足の裏嗅いでみる?」ニコニコ

    梓「!!」


    12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 17:55:02.73 ID:8eLzY4UH0.net

    はよ


    13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 17:55:29.23 ID:0x9dF8Lp0.net

    梓「い、いえ結構です…」

    梓(唯先輩今裸足だしどんな匂いが…)

    唯「冗談だよ~…さて、昨日みんなとあんまり合わせられなかった事だし練習しときますか!」フンス

    梓「今日は珍しくえらいやる気ですね…」

    梓(嗅ぎたい…唯先輩の足裏…)

    ガチャ

    律「お、今日も唯と梓が先に来てたか」

    唯「はい!リードギターなので誰よりも練習する事が大事だと思いまして!」

    律「うむ、いい心がけだ唯隊員!」

    梓「先に来たの私なんだけどなぁ…」

    律「ところでこれ誰の靴下だ?」

    唯「それ私の、来る時濡れちゃったの」

    律「ふーん…」クンカクンカ

    梓「!?」


    14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 17:56:52.45 ID:0x9dF8Lp0.net

    律「なんか臭え!w」

    唯「そんな~…律ちゃんのが臭いって~」

    律「唯の足の裏嗅がせてみろよ~w」クンカクンカ

    梓(あ…いいな律先輩…)

    律「うわwすっげえ臭いぞ唯w」

    唯「律ちゃんのだってなかなか強烈だよ~…」クンカクンカ

    律「なんだとぉ~」

    律「まぁこんな事ずっとやってたら澪に叱られるしな、そろそろ練習するか、な梓(笑)」

    梓「そうですね(怒)」

    律「え…何で怒ってるの梓?」

    梓「怒ってないです!」

    律「……?梓どうしたんだ?…」


    15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 17:57:16.22 ID:jPyM/LOX0.net

    ええな


    17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 17:59:20.25 ID:0x9dF8Lp0.net

    …………

    澪「しっかし今日は上手い具合に曲があったな、特に最後のふわふわ時間なんか最高だったぞ!」

    紬「途中の私の恋はホッチキスも唯ちゃんの声もとても綺麗でした。」

    律「なんか今日の唯いつもと違うな、もしかしてまた憂ちゃんだったりして!」

    唯「ちょっと律ちゃん何するのw」

    律「やっぱり胸ちっちゃいから唯だな笑」

    唯「ひどいよ~」

    澪「こら、律」

    律「ごめんな、冗談だよ冗談笑、大体澪のがデカイからいけないんだぞ!」

    唯「そうだ!そうだ!」

    澪「ええ~…」


    18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:00:11.77 ID:0x9dF8Lp0.net

    梓(唯先輩の足裏結局嗅げなかった…今なんか裸足にローファーだしムレムレで最高なんだろうな…)

    律「でも今日は珍しく梓がミスしてたな」

    梓(は!何考えてるんだろう私!)

    梓「すいません…今日はなんか集中出来なくて…」

    澪「まぁミスは誰にでもあるものだし、次頑張ればいいさ。」

    梓「そう言ってもらえると嬉しいです…」

    紬「そうそう、まだ文化祭まで結構時間あるしね。」

    唯「まぁあずにゃんがミスしてるところも可愛いけどね。」

    梓(なんで今日の唯先輩はこんなにドキドキするんだろう…)

    梓「ゆ、唯先輩には言われたくないです。」


    19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:01:07.56 ID:0x9dF8Lp0.net

    唯「ひどいよ~今日はみんなと合ってたのに~」

    梓(でもホントに今日の私はどうかしてたなぁ…もっと集中しなきゃ…)

    律「まぁ日頃の行いってやつだなw」

    唯「うぐっ…」

    梓(ダメだ…唯先輩可愛い…!)

    澪「じゃあ私達こっちだから」

    唯「あ、じゃあね~」

    紬「さようなら」

    梓「また明日~」

    律「おう!また明日な!」


    20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:02:02.09 ID:H4IoYpger.net

    続けてください


    21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:04:04.10 ID:0x9dF8Lp0.net

    トボトボ

    唯「でもまさかあずにゃんがドロップdチューニングのままふわふわ時間やるとは思わなかったよぉ…おまけにdistortionとoverdrive間違えるからデスデビルみたいになっちゃったし…」

    梓「すいません…なんかホントに今日は集中出来なくて…」

    唯「いいの…あずにゃん可愛いから」

    梓「唯先輩…」

    唯「ところであずにゃん今日やたら私の足ばっかり見てなかった?」

    梓「へっ…!?」

    梓(うそ!?…バレてる!?)

    唯「なんか私の足裸足だしヘンかな?」

    梓「いや…そんな事無いんですけど…」

    梓(やっぱり唯先輩の足嗅ぎたいなんて言えるわけない…)

    唯「あ、そうだ今日ウチに来ない?」

    梓「え、今日ですか?」


    22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:05:03.80 ID:0x9dF8Lp0.net

    唯「うん、この頃憂が料理すごく張り切っちゃって2人じゃ食べきれないんだよ」

    梓「でもこんな時間に…やっぱり悪いですよ。」

    唯「今日は憂しかいないし平気だよ、おいでよあずにゃん」

    梓「じゃ、じゃあお言葉に甘えて…」

    唯「やったーー!!あずにゃんもうお泊りしてちゃいなよ!」

    梓「いや、明日学校普通にありますし、ご飯だけ頂いて帰ります。」

    唯「ぬう…」

    梓「先輩の家は近くてイイですね。」

    唯「おお、もうすぐウチだ、うん~この匂いはカレーかな?」


    23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:06:24.69 ID:0x9dF8Lp0.net

    ガチャ

    唯「だっだいま~!!」

    憂「おかえりお姉ちゃん、あれ?梓ちゃんも一緒?」

    梓「お邪魔します…」

    唯「いや~今日は雨で制服濡れるし大変だったよ~…」

    梓「!」

    梓(唯先輩の足のニオイを嗅げるチャンス!)
    唯「なんか足ふやけちゃったw」

    梓(く…臭い!カレーの匂いを一瞬で吹き飛ばすような雑巾というか納豆のような匂い!!すごいです!最高です唯先輩!)

    唯「あれ?あずにゃんどうしたの?」

    梓「い、いえなんでもないです。」


    24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:07:12.25 ID:yG5sG8Ji0.net

    ドロップdワロタ


    25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:07:35.89 ID:0x9dF8Lp0.net

    ……

    唯「う~食ったぁ~」

    梓「相変わらず憂の料理は美味しい」

    憂「ありがとう梓ちゃん」

    唯「あずにゃん、そういえばギー太の首ったけのソロが出来ないから教えて欲しいの」

    梓「え、そんな曲ありましたっけ?」

    唯「いや、昨日私が作った曲」

    梓「そんなの私も出来るわけないじゃないですか!」

    憂「お姉ちゃんたち楽しそうで良いなぁ」ニコニコ


    26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:09:00.99 ID:0x9dF8Lp0.net

    ……唯の部屋

    唯「そういえばあずにゃんが私の部屋入るの初めてだっけ?」

    梓「いえ、前に純と一緒に泊まりに来た時にマンガを借りに入りました。」

    唯「あずにゃん勝手に人の部屋に入っちゃダメよ~」

    梓「すいません、無断で入る気は無かったのですが…」

    唯「バツとしてこの臭い足の裏のニオイを嗅ぎなさい!」

    梓「え…!」

    梓(ついに唯先輩の足裏を嗅げるチャンス!)


    28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:09:54.84 ID:0x9dF8Lp0.net

    唯「ホレホレ~ww」

    梓「ちょ、ちょっと……!」クンカクンカ

    梓(すごい…さすがに蒸れた足でずっといただけあってものすごいニオイ…なんか最初は癒されるニオイだったのに今は変な気持ちがする…)

    唯「あずにゃん?」

    梓(は!ダメだ!何考えてるんだ私)

    梓「とても臭いです…」

    唯「うう…やっぱり…お風呂でしっかり洗おう…」

    梓「もっと…」

    唯「へっ…?」

    梓「もっと嗅がせてください…!」

    唯「いいけど…」

    梓「……」クンカクンカ

    唯「ちょっと鼻息荒いよあずにゃん~w」

    梓(唯先輩の足って足は少し大きいけど整ってていいな…)サワサワ

    唯「ひゃ!」


    29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:11:41.22 ID:0x9dF8Lp0.net

    唯「ちょっとあずにゃんくすぐったいよ~」

    梓(しかも適度な柔らかさでかかとの角質もまた気持ちいい…)

    梓(ダメ…もう私理性を抑えられない…)

    梓「……」ペロペロ

    唯「ひゃん!!」

    唯「あ、あずにゃん…」

    梓(…酸っぱいような苦いような…でも無性にクセになる…)

    唯「ちょ、ちょっとあずにゃんさすがに舐めたら汚いよ…」

    梓(しまった!やりすぎた!)

    梓「すいません…やりすぎました…」ガバッ!

    唯「いきなり舐めるから…びっくりしたよ…」

    梓(唯先輩さすがに引いてる…そうだよね、私こんな事しちゃったし…)

    唯「でもちょっとドキドキしたよあずにゃん…」ウットリ


    30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:12:19.67 ID:kK9UXlQx0.net

    エロい


    31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:13:21.98 ID:0x9dF8Lp0.net

    梓(ドキドキ…)

    唯「だぁ!」

    梓「にゃっ!?」

    唯「あずにゃんにも、お返しだよ!」

    梓「ゆ、唯先輩!」

    唯「あずにゃんの足綺麗~…」サワサワ

    梓「そんな事無いですよ…」

    唯「でももうちょっと爪切った方がいいかもね。」

    梓「う…すいません…」

    唯「でもこの尖った爪がいい~…」ツンツン

    梓「…!ちょ、ちょっと唯先輩…」

    唯「さっきあずにゃんにやられたからお返しだよ~」

    梓「ひゃん!」

    梓(くすぐったいけど…なんか変な感じ…)

    唯「あずにゃんの足の指肉球みたい~」プニ


    32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:16:37.18 ID:0x9dF8Lp0.net

    梓「そ、そうですか?」

    唯「うん、プニプニ~」

    唯「でもあずにゃんも結構足臭いね」クンカ

    梓「ちょっと唯先輩///」

    唯「特にこの爪の間とか足の指の間とか」クンカクンカ

    梓「///」

    唯「あずにゃんって足の手入れとかしてるのかと思ってた…でもいい匂い」

    梓「わ、私も唯先輩のもうちょっと舐めていいですか…?」

    唯「もう…あずにゃんったらすっかり変態さんなんだから…」ニヤニヤ

    梓「ゆ、唯先輩に言われたくないです!」

    憂「おねーちゃーん!お風呂湧いたよー!」


    33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:17:25.39 ID:0x9dF8Lp0.net

    梓「じゃあ私はそろそろ…」

    唯「えー…もうこの際だから泊まって行きなよ!」

    梓「でも明日学校ですし…」

    唯「朝荷物取りに行けばイイじゃん!」

    梓「ええ…」

    唯「あずにゃんと一緒に寝てあんなことやこんなこと…」ニヤニヤ

    梓「!!……やっぱり泊まらせていただきます!」


    34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:19:07.93 ID:0x9dF8Lp0.net

    ………

    憂「はぁ~…さっぱりした~」

    梓「憂の家のお風呂は広くてイイよね~…私の家のお風呂なんか狭くて…」

    憂「そんなこと無いと思うけど…」

    唯「そうだ、今度はあずにゃんの家にお泊りしに行くね」

    憂「でも梓ちゃんの家私の家と違ってお母さんとお父さんいるから悪いよ…」

    梓「いえ、全然大丈夫です。是非来て下さい。」

    唯「うひょ~!じゃあ今度行くね~!」


    35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:20:22.84 ID:0x9dF8Lp0.net

    憂「じゃあそろそろ寝よっか」

    梓「え~…まだ眠たくないよ…」

    唯「そうだそうだ!」

    憂「でももう1時だし…」

    梓「ホントだ明日学校だし早く寝なきゃ!」

    唯「所で誰がベッドで寝る?」

    梓(唯先輩と一緒に寝るには憂にベッドに寝てもらうしかないけど…)

    憂「私はベッドじゃなくても全然大丈夫」

    唯「じゃああずにゃん…」

    梓「いえ、私は布団で大丈夫です。」

    唯「じゃあ悪いけどお言葉に甘えてベッドで寝るね」

    梓(え…ちょっと唯先輩がベッドで寝たら私…)


    36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:21:24.60 ID:0x9dF8Lp0.net

    憂「じゃあ電気消すね。」

    梓「ちょ、ちょっと…」

    カチ

    唯「うお、カーテン閉めちゃったから真っ暗暗だ」

    梓「明日家に道具取りに行かなきゃ…」


    37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:22:30.91 ID:0x9dF8Lp0.net

    ………

    唯 憂「スースー」

    梓(はぁ…結局唯先輩と一緒に寝ながらイチャイチャ出来ると思ったけど出来なかったな…)

    梓(でも唯先輩のムレムレの足の裏舐められたしよかったな//)

    ガサゴソ…

    梓「…!」

    梓(唯先輩…起きててくれたんだ!私の布団の中に入ってくる…)

    モミモミ…

    梓(唯先輩…いきなり激しいですよ///)

    梓「唯先輩…//」


    38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:23:42.10 ID:hib1MWtL0.net

    おっきっき


    39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:24:15.79 ID:ZFVHioA7p.net

    ムギ適当すぎわろた


    40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:24:49.38 ID:0x9dF8Lp0.net

    憂「う~ん…お姉ちゃん…//」

    梓(え…憂?)

    憂「お姉ちゃん…さっき梓ちゃんと変な事してたでしょ~…」

    梓(さっきの見られてたのか!?)

    憂「お姉ちゃんが足のニオイ嗅ぐのって私だけだと思ったのに…」

    梓(憂寝ぼけてる?っていうか憂にも足のニオイ嗅いだりしてたのか…)

    憂「お姉ちゃん…今日梓ちゃんにしてたのしちゃうからね…」モミモミ

    梓(ちょっと、私は唯先輩じゃなくて…でもちょっと気持ちいい…)

    憂「お姉ちゃんちょっと胸小さくなった?まぁいっか、足のニオイちょっと嗅ぐね//」

    梓(小さくて悪かったね)


    41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:25:37.09 ID:0x9dF8Lp0.net

    憂「あれ?なんかお姉ちゃんの足爪伸びた?まぁいっか…」ペロペロ

    梓(なんか憂の舐め方ちょっと乱暴だな…)

    憂「お姉ちゃん…」チュッ!

    梓「んぐ…」チュクチュク

    梓(ちょっと梓本気…!?でも憂のキスってなんか気持ちいいな…)

    梓(このまま唯先輩のフリしてようかな…)


    42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:26:28.29 ID:0x9dF8Lp0.net

    憂「プハァ…なんかお姉ちゃんキス上手になったね…でもさっきからどうして黙ってるの?」

    梓「ギクッ!」

    憂「そっか…梓ちゃんに気を使ってるんだね…」

    梓「ホッ…」

    憂「じゃあそろそろ触るけど…声出さないでね…//」

    梓(え?…なんか憂の手がパンツの方に向かって行くけど…)

    憂「お姉ちゃん…今日はなんかいつもよりムラムラする…」ハァハァ

    梓(え…ちょっと私のパンツの中で…あ…気持ちいい…)

    憂(なんかお姉ちゃんのあそこの毛がいつもよりサラサラな気がする…)

    憂「お姉ちゃん…お姉ちゃん…」チュクチュク

    梓(ああ…そんなに激しくされたら声が出ちゃう…!!)

    梓「ン…!」

    憂「あれ?え…梓ちゃん!?」


    43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:27:54.70 ID:xQ7G2QqHa.net

    喘ぎ声で気づくとか神だな


    44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:28:23.54 ID:0x9dF8Lp0.net

    梓「う…憂…」

    憂「え…えーと…な、なんかゴメンね、おやすみ!」ガバッ

    梓「ま…待って!このまま途中で終わらせないで…」

    憂「え…でも…」

    梓「なんか…もう気持ち良くなっちゃって我慢できない…憂もっと弄って…」

    憂「わ…わかった」チュクチュク

    梓「あ…もうイキそう…」チュクチュク

    梓「あ…!アン!」ジョバー

    憂「ティッシュで拭かなきゃ…」

    梓「あ、ゴメンね!」

    憂「梓ちゃん…」

    憂「私も弄って…//」

    梓「え…?」


    45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:29:37.58 ID:0x9dF8Lp0.net

    といれ!

    梓「憂の家ってトイレも広いよね」

    憂「そんなことないよ…」

    梓「じゃあ…続き始めようか…」

    憂「ちょっと待って…せっかくトイレにいるんだし全部脱いじゃおうよ//」

    梓「へ?///」

    憂「全部脱いだ方が…興奮するし…//」バババ

    梓(すごい…胸大きいし…スタイルも綺麗…)

    憂「梓ちゃんの裸…すごい…肌は色白だし…毛並はいいし…」

    梓「憂だってすごくスタイルいいよ…//ところで、裸でどうするの?」

    憂「まず便座の所に梓ちゃんが座って」

    梓「うん…」

    憂「で、私がこの上に向き合って乗っかる」


    46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:31:28.43 ID:0x9dF8Lp0.net

    梓「…!」

    憂「こうしたらオシッコが出そうになってもすぐ出来るしね。」

    梓(すごい…もうこの体勢で気持ちイイ…)

    梓「憂も結構エッチなこと思いつくね…」

    憂「ごめん…やっぱりヤだった?」

    梓「そんなことないよ…じゃあしよっか」

    憂「うん!」

    憂「それじゃあこうやってお互いのをくっつけて」グイッ

    梓「にゃ!?ちょっと憂!」


    47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:32:16.85 ID:0x9dF8Lp0.net

    憂「梓ちゃん可愛いな…これで手で弄りあえば気持ちイイよ…!」クチュクチュ

    梓「す…すごいよ憂…」クチュクチュ

    憂「実は私もお姉ちゃんと一緒によくやってるんだ///」

    梓「唯先輩もなかなかエッチなんだね…」

    梓「……」ハム

    憂「……!」

    梓「憂のおっぱい大きいね…ちょっと吸わせて…」チューチュー

    憂「あ…アン…」

    憂(梓ちゃん私の吸ってすっかり甘えちゃってる…ホントに可愛い…)


    49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:34:13.68 ID:0x9dF8Lp0.net

    梓「憂…またイキそう…!」チュクチュク
    憂「わ…私も…」チュクチュク
    憂 梓「アアッ!」ジョバー


    50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:35:19.41 ID:0x9dF8Lp0.net

    唯「ん…なんか変な時間に起きちゃったよ…ちょっとトイレ行って来よ…」

    唯「あれ?なんでトイレつけぱなしなんだ?」

    ガチャ

    梓憂「!!」

    唯「……あれ?あずにゃん?憂?」

    憂(どうしよう…お姉ちゃんに見られちゃった…)

    梓(ヤバい…こんな事がけいおん部の人にバレたら…ここはなんとか誤魔化すしか…)

    梓「あれ?唯先輩、なんでこんなところにいるんですか?まぁ私は寝ますね。」

    憂(いや、誤魔化しきれてないよ梓ちゃん!)


    51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:36:21.15 ID:0x9dF8Lp0.net

    憂(誤魔化せた!?)

    唯「夢なら何してもイイよね☆」

    梓「…!?ちょ、ちょっと唯先輩!?」

    唯「あずにゃんと憂が夢の中に出て来るなんて最高だよ…」ヌギヌギ

    憂「お姉ちゃん…!?」

    唯「2人とも私を仲間ハズレにしてズルイよ~…」ペロペロ

    憂(やっぱり寝ぼけて無かった…)

    梓「ちょっと…唯先輩…!」

    唯「やっぱりあずにゃんのはおいしいや…」ペロペロ

    梓「あ…唯先輩…すごい…」

    唯「それにしてもあずにゃんは毛が少なくていいなぁ…憂とどっちが少ないんだろ」

    憂「ちょ、ちょっとお姉ちゃん///」

    唯「憂も少ないなぁ…私こんなに濃いのに羨ましいよぉ」

    唯「羨ましいよ、あずにゃん!」

    梓「ニャ!?」


    52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:40:24.55 ID:0x9dF8Lp0.net

    梓「ニャ!?」

    梓(気持ちいい…もうイッちゃいそう…///…そうだ!)

    梓「ちょっと憂」

    憂「?」

    梓「私の顔と胸踏んでくれないかな」

    憂「!?」

    唯「おお!あずにゃんまた高度なプレイを!」

    梓「そんなんじゃないです///」

    憂「いいよ///」


    54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:43:29.53 ID:0x9dF8Lp0.net

    ギシッノシッ

    憂「これでいいの梓ちゃん?///」ギュム

    梓「うん///とっても気持ちいいよ憂…///」

    憂「梓ちゃん胸ちっさくて可愛いー!」ギュムギュム

    梓「ちょっと憂…」

    梓(普段真面目で優等生憂が私を踏んでる…それだけで興奮する…足は臭わないけど気持ちいいな…)

    唯「凄い!あずにゃんが濡れてきてる…!」

    唯「私も負けないよ!」ギュム

    梓(唯先輩…!?私の大事なところに足を!?)

    唯「あずにゃんの大事なところ小さくて可愛い!」ギュムギュム

    梓「ああ…もうダメ…」ブシュッ!

    唯「おお!」

    憂「梓ちゃんイッちゃったね」ニコニコ


    55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:47:29.35 ID:0x9dF8Lp0.net

    梓「ハァ…ハァ…」

    唯「…あれ?私何しにここに来たんだっけ?」

    唯「あ、そういえば私トイレしに来たんだ!」

    唯「そしたらあずにゃんと憂がここで一緒におしっこしてたんだ」

    憂梓「……///」

    唯「私も漏れちゃいそうだよぉ…」

    唯「……」

    梓憂「」ジー

    唯「なんか二人に見られてると恥ずかしくて出ないよ…///」

    梓「じゃあ手伝って上げますよ」

    唯「え、ちょ」

    憂「もう世話が焼けるんだからお姉ちゃんは」

    唯「憂まで…」


    56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:48:32.89 ID:0x9dF8Lp0.net

    梓(ハァ…やっぱり唯先輩の足に限るよ…)ペロペロ

    憂(お姉ちゃんの胸柔らかいよ~…)

    唯「二人とも…気持ち良いよ…」


    57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:49:03.59 ID:0x9dF8Lp0.net

    よくじつ!

    ジリジリ…

    唯「うーん…今何時…」

    唯「は、8時!?」

    唯「大変!?遅刻!……って一時間前に設定してあるんだよね、さすが私」フンス!

    憂「大変!遅刻だよお姉ちゃん」

    唯「え?」

    梓「急いで下さい唯先輩!」

    唯「ちょっと私まだ着替えが…」


    58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:49:52.43 ID:0x9dF8Lp0.net

    がっこう!

    純「憂梓おはよー…って目のクマ凄いな!」

    憂梓「おはよー…」

    純「何でそんなに寝不足なの?」

    梓「昨日憂の家に泊まったんだけど夜更かしし過ぎて…」

    純「え!泊まったの、そんなぁ私も誘ってよ」

    憂梓(純ちゃんにはまだ早いよ…)


    59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:50:47.29 ID:0x9dF8Lp0.net

    けいおんぶ!

    澪「…部室に干しといた靴下乾いたかな~」

    唯「」クンカクンカ

    律「」クンカクンカ

    紬「」クンカクンカ

    澪「え…ちょっとみんな何してるんだ?」

    唯「澪ちゃんの靴下いい匂いだね!」

    律「澪の足の裏も嗅がせろよ!」

    澪「ちょっと律!」

    紬「怖がらなくても良いのよ澪ちゃん、さぁその生足を触らせて!」

    澪「ムギまで!」


    60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:51:44.87 ID:0x9dF8Lp0.net

    ガチャ

    梓「こんにちはー」

    澪「梓!」

    梓「って先輩達何やってるんですか?」

    唯「あ、あーずにゃん!」

    梓「先輩///」

    澪「助かった…」

    律「あれ?いつもみたいに抵抗しないのか?なんか昨日から梓おかしいな」

    梓「そ、そうですか?」

    律「昨日も一人だけdistortionかけてDir en grayみたいになってたし」

    梓「そんなことないです!///」


    61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:52:40.68 ID:0x9dF8Lp0.net

    唯「ところであずにゃん、協力して欲しいんだけど」

    梓「なんですか?」

    唯「これから澪ちゃんの足をみんなで嗅ごうとしてるんだけど手伝ってくれないかな?」

    梓「いいですよ」

    澪「!?」

    澪「そんな!梓まで!」


    62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:54:33.20 ID:0x9dF8Lp0.net

    唯「じゃああずにゃんそっち抑えて」

    梓「はい!」グイッ

    澪「ちょっと梓!」

    律「澪とこういう事するの久しぶりだな…///」

    紬「澪ちゃんの爪先から胸まで全て舐め回して上げるから覚悟してね♪」ニコニコ

    澪「ヒィッ!…もうお嫁にいけない…」





    63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 18:56:42.23 ID:0x9dF8Lp0.net

    最後ものすごく端折ったけどやっと全部書けた…


    64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 19:12:13.11 ID:xZYWXL710.net

    懐かしいノリで面白かったよ(´∀`∩)
    乙りんこ


    65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 19:17:02.65 ID:0x9dF8Lp0.net

    おお、ありがとう!


    66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 19:35:08.36 ID:kK9UXlQx0.net

    すごくよかった


    67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/08(月) 19:40:12.93 ID:0x9dF8Lp0.net

    no title

    no title

    唯ちゃんの生足…



    けいおん!! Blu-ray Box (初回限定生産)
    けいおん!! Blu-ray Box (初回限定生産)

    関連記事

    [ 2014/12/08 20:36 ] SS | CM(1)

    コメントしてね!


    コメントしてね!


    1. 名前:名無しさん:2014/12/08(月) 21:17:40

    2. SS久しぶりに見たな
      けいおんも懐かしい



    コメントの投稿





    こちらもオススメ
    ピックアップ記事
    人気ページランキング

    PR
    PR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。