2ちゃんねるまとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



関連記事

    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

    超怖い夢見たwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349321380/
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:29:40.46 ID:vXOp7GtV0

    他の人から見たら大して怖くないんだろうけども
    幼少時の霊体験と少し繋がっていて、かつ夢の舞台が実家の自室(今は別の場所で一人暮らし)ってだけに非常に目覚めの悪い朝だった
    いつも夢を見ても全然覚えてないタイプなので、状況も途切れ途切れな上に内容もうろ覚え、かつ無駄に長くてすまないが
    そんな俺が珍しく内容を覚えていた夢だから書いてく


    夢の中で俺は寝ようと飼っている猫と自室にいた
    猫は二匹で、うちの一匹はおととしほど前に交通事故で死んでしまった猫である
    俺の部屋は6畳ほどで入口の扉は上半分が障子、下半分は曇りガラスの引き戸という少し古めかしい作りの部屋だった
    引き戸の前にはなぜか黒い小さな椅子が置いてあった
    椅子は現実の自室にもあるが、入口奥の窓際にいつもおいてある椅子で、
    引き戸の前に置いたことはないが夢の中ではそこにあり、一匹のしま猫(現実でも生きている方)がそこでくつろいでいた

    夜も更けた頃(何時かは覚えていないが結構な深夜だったかと思う)、突然床で寝ていた(死んでしまった)黒猫が騒ぎ出した
    何かと思って見てみると、黒猫は引き戸入口前を凝視しながら唸っていた
    その騒ぎに目が覚めたしま猫も、引き戸前を見た途端に急に立ち上がり、同じように激しく唸りだした




    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:30:08.68 ID:8VbZsvhi0

    長い川柳で


    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:30:38.37 ID:TOnHxYiI0

    永井産業


    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:30:42.10 ID:vL2KEfSu0

    全然なにいってるかわかんない
    他人の夢ばなしって必ずこうだから凄いな


    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:30:46.92 ID:6xYXVCJw0

    そんなことより俺の話聞いてくれよ


    8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:30:52.25 ID:vXOp7GtV0

    俺は一体どうしたことかとベッド(部屋中央部に位置)から頭だけを猫達の方に向けた
    その瞬間、俺は言いようのない悪寒に襲われた
    また、殊更俺を恐怖させたのは、直感的にこの猫たちは引き戸奥の何かに唸っているのではなく、引き戸前、
    つまり部屋の中の何かに対して唸っていたことが分かったことだった

    努めて俺は平生を装い立ち上がり、猫達がつゆほども目線をそらそうとしない引き戸の前へと慎重に歩いて行った
    当然、引き戸の前には何も見えなかったが、そこに何かがいるということは猫達の状況を見れば明らかだった

    「女だ」と俺は思った

    しかし、これは別に直感とか念力とかそういったものではなく、恐怖のあまり自分が常日頃からテレビなどで見ている
    霊的なものにたいするステレオタイプなイメージを、都合よくそこに当てはめてみたに過ぎないだけで
    実際はそこにいるであろうものが一体何であるかは皆目わかっていなかった


    9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:31:36.54 ID:vXOp7GtV0

    「何やってんだお前ら」

    俺は猫達に尋ねたが、まるで俺の言葉なんて届いていないんじゃないかってくらい真剣に入り口前を睨み付けていた
    その普通でない状況がますます俺を恐怖させた
    頭の中はもう目の前にいるであろう貞子のような髪の長い女でいっぱいだった
    今すぐこの場所から逃げ出さなければならないが、悲しいことにその引き戸が唯一の出入り口だった
    苦肉の策に俺がとった策は、その謎の女がいるであろう場所に対してパンチを繰り出すことだった

    ひどくおまぬけな光景だが、そこには何もない、猫たちには見えていても俺には見えていないということを証明したいという
    俺の強い願望が虚空に対してのパンチを選ばせた
    悲願も叶って、俺のパンチは肉的なものはおろか物質的なものに当たることなくすり抜けた
    当然だ、何もないのだからと俺は無理やりに自分を納得させた

    「ははっ、何もいないじゃないかよお前ら」

    空元気に笑っていても、内心かなり安心していた俺はその虚空に向かってパンチを空振りさせていた
    しかし、猫達は依然として俺がパンチを放っている方向をにらみ続けている
    俺の空元気は、猫達の状況を見てまた一気に吹き飛んだ

    しばしの沈黙の後、意を決して俺は引き戸に突っ込んだ
    そこにいるであろう何かを突き飛ばし(たのだろうと思う)、勢いよく廊下へと飛び出し両親の寝室へと猛ダッシュした……


    10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:32:07.89 ID:vXOp7GtV0

    夢はそこで終わっている、携帯の着信音で現実に引き戻されたからだ
    結構な睡眠時間であったと思うにも関わらず、身体もまぶだも非常に重かった
    電話を済ませた後も、この状況は引かず、また寝てしまおうかとも思ったが、またあの夢を見たらどうしようと
    急に怖くなり無理やりに身体を起こした

    夢とさっきまでの状況の話はこれで終わりだが、さっき朝飯を作っていた時にその夢について考えていたら
    幼少時に一度だけオバケを見た場所と、今回夢で猫たちがわめいていた場所が全く同じだったことを思い出した

    その頃の俺はまだ幼稚園くらいの歳だった
    夜11時くらいだったかと思う、俺は父親と一緒にその部屋で眠っていた
    実家の俺の部屋はもとは12畳ほどの広い部屋で、それをふすまで半分に区切れる作りだった
    俺が中学に上がってその部屋を俺の部屋と妹の部屋にしてしまう前はそこが家族の寝室だった

    母親は寝る前に風呂に入っていたので、寝室は俺と父親、妹の3人だけだった
    妹と父親はもうとっくに眠っていたが、俺はどうも寝付けずにごろごろと寝返りばかりを打っていた
    ふと俺が寝室入口の引き戸(つまり俺の部屋の入口)に目をやると、そこに人型の影が見えた
    それもかなりの大きさだった、形状は人型だが正確な形状は土偶に近かった
    180cmほどもある土偶の影が、寝室の入口に立っていたのだ


    11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:32:38.77 ID:vXOp7GtV0

    俺は最初母親だろうと思った、しかしそれはすぐに違うと思った
    なぜなら寝室は2階で、寝室の前に来るには必ず階段を上ってこなければならず、
    かつその階段は古めで、どんなに足を忍ばせても必ず音がするものだったからである
    しかし、階段を上ってくるような音はまったく聞こえなかった

    その上、仮にその影が母親だとしてもでかすぎる、現実の母親も丸めの体系だがこれはでかすぎだ
    それになぜすぐ部屋に入ってこない?
    そういった諸々の不自然さは小さな俺の頭でもすぐに理解できた
    理解した途端、俺はものすごく怖くなってその巨大な土偶の影からすぐに目をそらした

    その後すぐ寝てしまったため、その土偶がどうなったのか本物の母親が風呂から上がった時に土偶を見たのかは定かではない
    まとまりがないないうえに分かりにくい文章で申し訳ないが、
    今思えばその夢の中で立っていたであろう何かは、貞子ではなく幼少時に見た土偶であったかもしれない
    しかも、目覚めの悪いことにその土偶、今では部屋の中に入ってしまっているんだ

    実家帰りたくなくなった


    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:33:51.69 ID:qQHufIpq0

    あ、終わった?


    14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:34:34.76 ID:vXOp7GtV0

    書き溜めたの放出終了

    作り話みたいに見えるのは夢なのと俺の文章力のせい
    俺にもその夢がなんだったかなんてわから ぬ


    16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:35:26.94 ID:6xYXVCJw0

    現実でもすげーこわいこともっとあるぞ


    17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:36:19.34 ID:HFdAUwAJ0

    読んでないけどそれ霊の仕業だよ


    19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:38:06.75 ID:vXOp7GtV0

    >>16
    んなことは分かるわ、就職できなかった場合なんて考えたくもないわさ

    >>17
    霊にしてもなぜ今更?
    しかも俺今実家から遠く離れた他県で一人暮らししてるのにににに


    18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:37:28.85 ID:nNZy82KO0

    もっと怖いこと教えてやるよ






    俺は無職


    21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:38:32.71 ID:99fK/+8WO

    ブルース・リー思い出した
    とりあえず土偶と闘って勝てば良いんじゃね?


    23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:40:54.30 ID:6xYXVCJw0

    ぬことのコンビ技とか色々開発したほうが画的にもいいとおもうがどうか


    28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:43:54.44 ID:vXOp7GtV0

    >>23
    怖くてそんな余裕ありませんでしたわな、夢の中の俺は
    てか一匹はもう交通事故で死んじゃってるんだから無理だわ……

    俺は霊感皆無だけどあの実家結構なんかいるんだよなあ
    夜中の3時に1階にある台所のドアをぶっ叩く音がした時は心臓飛び跳ねそうになった
    友達は夜、庭で人影見たとか言ってたし


    29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:45:34.26 ID:XQALTqn80

    >>28
    庭にポケモン飼ってるとかポケモン研究所か


    31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:48:03.44 ID:vXOp7GtV0

    >>29
    ポケモンじゃねーよ
    しいていうならくねくねみたいな白い人影だよ
    その友達の家は幽霊屋敷だし友達の母親はばっちり見える人だから余計にコエーは


    32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:51:17.06 ID:6xYXVCJw0

    見てはいないけど俺の部屋ものすごいゴミ屋敷状態でネズミだか虫がわいたらしく毎晩すごいガタゴト言ってたのよ
    やべーなーと思って結構ガチで掃除して今PCとベッド代わりのソファだけなんだけど音がやまない


    33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:53:14.51 ID:vXOp7GtV0

    >>32
    正直、幽霊よりゴキブリの方が俺は見たら怖いわ


    25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:42:39.26 ID:72JyUTzG0

    15文字でまとめて


    30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 12:46:41.26 ID:vXOp7GtV0

    >>25
    【速報】昔見た幽霊が俺の部屋に入ってた


    鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX
    ポニーキャニオン (2012-10-10)
    売り上げランキング: 183

    関連記事

    [ 2012/10/04 18:56 ] 恐怖・ホラー | CM(0)

    コメントしてね!


    コメントしてね!


    コメントの投稿





    こちらもオススメ
    ピックアップ記事
    人気ページランキング

    PR
    PR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。